2017-10

平成29年度 第6回役員会 開催

平成29年10月10日、福島県神社庁に於いて第6回役員会が、出席者25名にて開催されました。

IMG_20171010_184628_s.jpg

 始めに宮川淳会長より、「70周年実行委員会では、既に各委員会から詳細なロードマップが挙がってきており、この後の実行委員会で更にご協議頂きたい。今は、この周年の基礎を築いていく時期である。この基礎がしっかりしていないと、建物が出来上がっても脆いものとなってしまうので、皆より様々な意見を出して頂き、活発な協議を進めて頂きたい。
 また、先日東京都神道青年会の皆様にご来福頂き、意見交換会と視察、更に浪江町の初發神社に於いて真榊の植樹を行って頂いた。都神青の皆様には震災以後、絶えること無く繋がりを持って頂き、様々な形でご支援を頂いている。そんな中、大野都神青会長より「子の代まで、福島の会員とは何があっても繋がっていく」と力強いお言葉も頂いた。
 若い理事や役員などは、中々社務の都合もあり、被災地の現状を見られていない方も居るかもしれない。今後も様々な支援活動が予定されているので、積極的に参加して頂き、被災地の空気を肌で感じ、各々それを外に向けて発信して頂きたい。」と挨拶がありました。

下記の内容を協議致しました。[議長:菊地 武宣副会長]

◇審議事項
 祭式研修会について(研修部)

◇報告事項
 皇室カレンダー集金について(事業部)
 新穀感謝祭奉賛金について(事業部)
 復興支援ポロシャツの件について(事業部)

◇災害対策委員会
 ○活動報告並びに予定 
 九月十六日 木戸八幡神社縁日助勢
 九月二十七日・二十八日 東京都神道青年会初發神社境内整備・記念植樹並びに意見交換会
 予定 十一月二十六日 星廻宮神社竣工奉告祭

◇創立七十周年記念事業実行委員会
 第三回実行委員会
 プレ抜穂祭について
 現状報告会について

◇その他
 〇神宮啓発委員
  古殿地清掃活動を計画
  神棚についてのアンケート調査を計画
 ○時局対策委員 
 ○事務局
  忘年会について
 「東日本大震災物故者慰霊と被災地復興への祈り」について
IMG_20171010_201357_s.jpg


 「神青協硫黄島訪島並びに慰霊事業」について

 各支部報告
以上

最後に、遠藤相談役より講評を頂き、閉会となりました。
IMG_20171010_202116_s.jpg
スポンサーサイト

第19回 福島県交通安全祈願祭斉行


去る平成29年9月14日、郡山市・郡山警察署に於いて、今年で第19回を迎える「福島県交通安全祈願祭」が、ご関係の皆様多数ご参列頂き、好天の中厳かに執り行われました。
これは、毎年9月下旬より始まる秋の全国交通安全週間に合わせ、福島県の縦横の大動脈である旧国道4号線並びに国道49号線の交差する要所である郡山警察署の一角を斎場として、県内の交通安全はもとより、県民生活の充実・物流の興隆及び産業の発展を通し、一刻も早い震災復興を願い交通安全祈願祭を毎年開催してるもの。
本年は宮川 淳会長をはじめ会員27名が参加し、

斎主 生田 浩一副会長、
祭員 高木 優美理事
   丹治 良樹理事
   中目 瑞英理事
典儀 宮川 恵美事務局長
伶人 太鼓・笏拍子 深谷 瑞比古会計
   鳳 笙 村上 美保会員
   篳 篥 佐伯 禎國理事
   龍 笛 岩崎 寛亮理事
   舞 人 足立 薫子理事
上記会員の奉仕により、祭典が執り行われました。

また、郡山警察署長 野地 勉様・郡山地区交通安全協会長 小川 則雄様・郡山地区安全運転管理者協会長 柳沼 秀徳様・安全運転管理郡山事業主会長 佐藤 修朗様・福島県神社庁郡山支部長 安藤 保重様をはじめ
関係団体の皆様にも御参列頂きました。


IMG_1754_s.jpg
時刻、斎主・祭員が参進

IMG_1781_s.jpg
参列の皆様を大麻にて祓う

IMG_1797_s.jpg
斎主、神前に祝詞を奏上

IMG_1815_s.jpg
神楽「豊栄の舞」奉奏

IMG_1850_s.jpg
宮川会長、玉串を奉りて拝礼

IMG_1903_s.jpg
ご参列の皆様に交通遺児奨学募金を募る

IMG_1907_DxO_s.jpg
奉仕員一同、集合写真

平成29年度 第5回役員会 開催


平成29年9月7日、福島県神社庁に於いて第5回役員会が、出席者28名にて開催されました。
IMG_20170907_184010_s.jpg

始めに宮川淳会長より、「前回の役員会より早2ヶ月、その間研修部では青年神職研修会、事業部では神社関係者大会での神宮新穀感謝祭への浄財集め、広報部では今月14日斉行の交通安全祈願祭の準備、また復興支援部では7月の末に久ノ浜のこども園にて埼玉県神道青年会の皆様と素晴らしい縁日を作り上げて頂いた。各部それぞれの皆様のご協力に感謝をしたい。
また、神青協より「単位会レポート」が配信された。これは各県の問題点等をその県内で纏め上げて、全国の会員に発信するという今までにない試み。これに今期の自局対策委員である丹治良樹委員が、福島に来て間も無いながらも現状を上手く伝えて頂いた。是非、各支部でも周知頂きたい。
そして、本日2回目の70周年実行委員会を開催するが、やらされてやるという心持ちでは無く、会員皆が同じ方向を向いて、共に手を取り合い楽しく事業を作り上げていく、そういったモチベーションを保ちながら素晴らしい周年を迎えられる様に、是非皆様には積極的に発言して頂きたい。」と挨拶がありました。


下記の内容を協議致しました。[議長:丹治 大和副会長]

◇協議事項
 祭式研修会について(研修部)
 復興支援Tシャツ・ポロシャツについて(事業部)

◇報告事項
 青年神職研修会決算報告(研修部)

◇災害対策委員会
 ○活動報告並びに予定 
      七月二十九日 埼玉県神道青年会による「久之浜こども園」縁日助勢(久之浜)会長 他八名
  予定 九月 十六日 木戸八幡神社(楢葉町 宇佐神正道宮司)縁日助勢
  予定 九月二十七日~二十八日 東京都神道青年会初發神社境内整備・記念植樹並びに意見交換会

◇創立七十周年記念事業実行委員会
 第二回実行委員会

◇その他
 ○神宮啓発委員会
   古殿地清掃活動について
 ○時局対策委員
   単位会レポートについて
 ○事務局
   皇居勤労奉仕について
 各支部報告
以上


最後に、斎藤訓朗監事より講評を頂き、閉会となりました。
IMG_20170907_202947_s.jpg

神道青年全国協議会夏期セミナー参加


去る平成29年8月30日・31日と東京都渋谷区代々木の神社本庁に於て、「神道青年全国協議会夏期セミナー」に遠藤相談役・菊地副会長・宮川事務局長・遠藤理事・古積会員の5名にて参加致しました。

「日本の心を紡ぎ伝える~私たちの使命~」を研修テーマに開催され、特別講演として彬子女王殿下により「感謝のこころをつなぐ」と題し、日本文化偉大さや感謝の心について拝聴しました。

第1講として、元宮内庁掌典職掌典次長 山田 蓉先生による「宮中祭祀~その概要と変遷~」と題し、宮中祭祀について、ご自身の経験を元に、日頃の陛下のお手振りについて詳細ににご説明頂きました。

翌日は、國學院大學神道文化学部准教授 藤本頼生先生によります、「皇室の制度と歴史~現行皇室典範の課題から~」と題し、ご講演頂きました。

どれも、このセミナーでしか聞けない貴重な話を伺う事が出来、神職として大変貴重な経験となりました。
夏期セミナーDSC02880

東京都神道青年会主催「夏の野外懇親会」に参加


去る平成29年8月21日、神奈川県鎌倉市のキコリ食堂に於いて、東京都神道青年会による野外懇親会にご招待頂き、宮川会長他5名の会員、加えてその家族らも一緒に参加致しました。
DSC01220_s.jpg

昨年同様、東京都神道青年会の皆様、神奈川県神道青年会の皆様と共に、目の前に広がる海を眺めながら、家族ぐるみで交流を図りました。
DSC01227_DxO_s.jpg

都神青の有志による東京釣りクラブの方々のおかげで、釣った魚を間近で観察したり、海へ放流したりと子供たちには貴重な経験が出きました。
DSC01230_DxO_s.jpg

当会宮川会長が開始早々、エイに刺されるというアクシデントに見舞われましたが、その他は無事に楽しく友好を深めることが出来ました。

楽しいひとときを過ごさせて頂き、ありがとうございました。

«  | ホーム |  »

祝祭日には国旗を掲げましょう

fshinsei

Author:fshinsei

カテゴリ

 会長     (0)
 事務局   (39)
 広報    (138)
 その他   (1)
復興支援活動 (70)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

FC2カウンター