FC2ブログ

2019-09

東京都神道青年会創立七十周年事業「TSSフェス」

去る令和元年8月20日、國學院大學に於いて、東京都神道青年会創立七十周年事業
「TSSフェス」が開催されました。
当会からは宮川監事が参加いたしました。

TSS夏フェス チラシ-1

IMG-2721.jpg

IMG-2724.jpg

日頃の運動不足解消と懇親を兼ねた楽しいひと時を過ごすことができました。

東京都神道青年会のみなさま、ありがとうございました!

双葉郡双葉町・諏訪神社再建に伴う資材荷揚げ作業

去る令和元年8月8日、9日、双葉郡双葉町に於いて、諏訪神社再建に伴う資材荷揚げ作業を
行いました。当会からは、吉田芳樹会長をはじめ12名が参加いたしました。

 双葉町の沿岸部は、東日本大震災に伴う大津波により多くの犠牲者を出しました。
この地に鎮座する諏訪神社は地震で倒壊しましたが、高台に鎮座していたこともあり、
津波の襲来を逃れるため、神社を目指して山を駆け上がり避難した約五十人の住人たちは
境内で一夜を明かし、九死に一生を得ました。爾来、諏訪神社は人々の命を守った神社として
地元で知られるようになりました。
 倒壊した神社の復興には様々な困難が伴い、再建は遅々として進まぬ状況が続いて
おりましたが、此の度、オリジナルのプレカット工場で宮大工の技を低コストで作るシステムをもつ
「木の城たいせつ社」(札幌市)を子会社にもつ、大阪の開発業者「(株)創建グループ」より、
諏訪神社を無償で再建・寄贈するとの申し入れがあり、神社庁の仲介により再建工事の着工に
至りました。しかしながら、山上の境内まで車両用の道路が無く、資材の荷揚げは人力で行うほか
方途が無いことから、此の度、資材の荷揚げ作業を行うこととなりました。
DSC02073.jpg DSC02240.jpg
DSC01945_201909021849145a1.jpg DSC01953.jpg
資材を人力で高台まで運びます。

DSC02028.jpg
丹治庁長もガンガン運びます。

DSC01971.jpg DSC02419.jpg
佐藤副庁長と宮本副庁長もガンガン運びます。

DSC01996.jpg DSC02003.jpg
若手も負けじとガンガン運びます。

DSC02299.jpg DSC02092_20190902204633d34.jpg
DSC02105.jpg DSC02339.jpg
DSC02440.jpg DSC02216.jpg
業者の方々と力を合わせて階段をリレーし、頂上まで資材を運びます。

DSC02165.jpg DSC02507.jpg
頂上に資材を積み上げていきます。

DSC02544.jpg
炎天下での作業でしたが、怪我、体調不良もなく荷揚げを終えることができました。

笏より重いものを持たない我々としては、お察しかと存じますが、翌日の腕は鉛のようでした(^^;

福島県神道青年会創立七十周年記念大会スライドショー

去る令和元年6月4日に開催いたしました福島県神道青年会創立七十周年記念大会
に於きまして、撮影した画像を使用しスライドショーを作成いたしました。

下記URLより閲覧可能です。ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=xd-ol-2mA3w

令和元年度 第2回役員会開催

令和元年7月18日、郡山市豊景神社社務所に於きまして
第2回役員会、役員26名(出欠回答率92%)にて開催されました。

始めに吉田芳樹会長より挨拶がございました。

下記の議事を協議いたしました。[議長・丹治久仁役員会議長]
◇審議事項
 ・第二十一回福島県交通安全祈願祭について(協議の後採決)(広報部)

◇協議事項
 ・第二十一回福島県交通安全祈願祭について(広報部)
  本年は開催場所を開成山大神宮に変更。日程は九月十八日(水・先負)
 ・皇室カレンダー仕入価格増額について(事業部)

◇報告事項
 ・皇室カレンダー申込みについて(事業部)
 ・天下大祓について 川俣町羽田春日神社 八月三十日(金・友引)正午斎行
 ・福島県神道青年会創立六十周年記念事業「現代語引き祝詞用語・古語集」について
 ・東京都神道青年会創立七十周年記念事業「TSS夏フェス」開催について

◇災害対策委員会
 ○活動報告並びに予定
  ・予定:期日調整中 諏訪神社(双葉町・木幡輝秋宮司)再建に伴う材木・機材搬入助成

◇神青協中央研修会
 ・会場・日程案について

◇創立七十周年記念事業実行委員会
 ・アンケート調査報告について
 ・記念品進捗状況について
 ・記念誌進捗状況について

◇その他
 ○時局対策委員 いわき支部多田理事に決定
 ○事務局
  その他 ツイッターにて「ゆるかわ神社」というアカウントを開設。
      神宮大麻頒布増体プロジェクトを立ち上げる。
      SNSを利用している方がいればフォローを推奨。

◇各支部報告

◇次回役員会の開催 日時/第三回・八月三十日(金・友引) 
          時間/未定 場所/川俣町羽田・春日神社

最後に、宮川恵美監事より講評を頂戴し、閉会となりました。
DSC01682.jpg
福島県神道青年会は「楽しむ」をモットーに会を運営してまいります!
会長の名前が吉田芳樹だけに「ワイワイ」やっていきます^^

福島県神道青年会創立七十周年記念大会

去る令和元年6月4日、福島県郡山市郡山ビューホテルアネックスに於きまして
福島県神道青年会創立七十周年記念大会を開催いたしました。

開会

第一部 創立七十周年奉告祭を午後1時より斎行いたしました。

20190604周年奉告祭_s

下記の会員が祭員として奉告祭を奉仕いたしました。

斎主 丹治 大和 典儀 三浦 寛紀

祭員 鈴木 宜之 伶人 安藤 美保

   君島 義隆    佐伯 禎國

   宮本 憲一    岩崎 寛亮

   荒井 紀智    鈴木 健史

第二部 記念式典を午後3時より開式いたしました。

会長式辞アップ

吉田芳樹福島県神道青年会会長式辞

庁長祝辞アップ

丹治正博福島県神社庁庁長御祝辞

金田会長祝辞アップ

金田祐季神道青年全国協議会会長御祝辞

第三部 記念講演を午後4時より開講いたしました。

記念講演アップ

皇室ジャーナリストの高清水有子先生を講師にお迎えし

演題『新時代令和と私たちの皇室』をご講演いただきました。

幕間

幕間に実行委員長の生田浩一より『福島県神道青年会創立七十周年記念事業報告』

を行いました。

第四部 祝賀会を午後六時十分より開会いたしました。
スライド上映

福島県神道青年会相談役宮川淳よりスライド上映を行いました。

鏡開き

鏡開き

乾杯

林重陽東北六県神道青年協議会会長による乾杯の御発声

IMG_4124_s.jpg

山名隆史福島県神道青年会顧問兼神社庁教化部長による手締めの御発声


当会七十周年記念大会に200名を超える多数の御臨席を賜り、衷心より感謝申し上げます。

また、70年の先輩諸賢が歩まれた歳月に思いを馳せ、私たちは諸先輩方に恥じることなく、

新たな足跡を残すことができるように歩みを進めてまいります。


«  | ホーム |  »

祝祭日には国旗を掲げましょう

fshinsei

Author:fshinsei

カテゴリ

 会長     (2)
 事務局   (70)
 広報    (119)
 その他   (13)
復興支援活動 (84)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

FC2カウンター